多数の松明が夜空を焦がし
山深い鞍馬の町はわき返る!

鞍馬の火祭・概略

左京区鞍馬本町の鞍馬寺境内の、由岐神社で行われる火祭。

北区今宮神社の「やすらい祭」、太秦の広隆寺の「牛祭」とともに、
京都の三大奇祭の一つとされています。
          
同社は、鞍馬門前の産土神で、鞍馬寺の護法神として崇敬されています。

社伝によれば、天慶三年(940)9月9日の夜、平安京の内裏に
祀られていた「由岐明神」を、鞍馬の地に勧請した際、村人が萃の篝火
を焚いて迎えたという故事にちなむものと言われています。

鞍馬の火祭・日程・見どころ

2016年10月22日(土曜日)になりますね。

明治以前には、旧暦9月9日の夜に行われていたが、現在は新暦
10月22日の夜に行われます。
    
10月16日

氏子の、鞍馬三在地(上在地・中在地・下在地)の七組の
町内では、それぞれ精進竹立て、火改め、注連縄(しめなわ)張りなどを
行い祭礼の準備をする。

22日の夕方

氏子町内の各家では、門口に篝火を焚く。
午後6時、「神事、まいらっしゃれ」の触れ声により火祭は始まる。

見どころ↓

襦袢・前掛け・武者わらじ姿の子供や、白鉢巻きにわらじばき、締め込み
姿で、友禅の長襦袢をまとった若者が、
大小(1~5メートル)の松明をかざし、「サイレヤ、サイリョウ(祭礼や祭礼)」
の掛け声を繰り返しながら、町内を練り歩くのである。

午後9時過ぎに鞍馬寺仁王門前の石段下に大小200本以上の松明か勢ぞろい
すると、石段奥の精進竹に張られた注連縄を切る儀式がある。

それを合図にして、若者たちは参道奥の由岐神社に走り込んで、2基の神輿
(由岐明神と八所明神)をかつぎ出し、上下左右に揺すりながら石段を
駆け降りる。

2基の神輿の先端には、成人式を迎えた若者が、各2名ずつ両足を高く差し
出してぶら下がる。「チョッペンの儀」と言われている。

見どころ↓

夜空を焦がす松明のあかりのなか、長い石段を神輿が駆け降りるさまは、
まことに壮観である。

また、安産の御利益があるといわる神輿の町内巡行の際には、女性たちも
神輿の曳き綱をひく。

神輿が御旅所に着き、神事が終わるころには、午0時が過ぎている。
なお、神輿は翌日に還幸する。

見どころ↓




鞍馬の火祭・アクセス・駐車場

会場は由岐神社とその周辺(京都市左京区)です。

アクセス

電車で行く場合、叡山電鉄鞍馬駅下車後徒歩5分になります。

車の場合は交通規制が敷かれ府道(鞍馬街道)・貴船口からくらま温泉口
までの間が通行禁止になります。

また近辺は集落が密集していて祭り当日は混雑が予想されること、さらに鞍馬駅
周辺に駐車場がないことからなるべく公共交通機関
を利用することが賢明だと思います。

鞍馬寺・由岐神社の概要

叡電鞍馬駅を降りると、鞍馬街道が登りのカーブを見せている。

鞍馬寺への入口・仁王門はすぐ左手だが、仁王門前から少し北へ
歩き、昔ながらの風情を残す門前町を歩いてみたい。

[

この道はやがて花背峠を経て丹波や若狭へ通じ、“泉州路”とも
呼ばれている(泉州とは唐の都・長安のこと)。

鞍馬石を叩く槌音が聞こえる。
昔からの鞍馬の名水を使ったミネラルウォーターの工場もある。

匠斎庵(瀧沢家住宅)は宝暦10年(1760)に建てられた切妻造で、
正面左右の妻に棍のあがった国の重要文化財。

その隣には、山椒と昆布を醤油で煮詰めた名物「木の芽煮」を売る店。
集落が尽きるあたりには、くらま温泉峰麓湯があり、日帰り入浴が
楽しめる。

仁王門から200m少しで、由岐神社に突き当たる。

ここから鞍馬寺の本堂までの曲がりくねる急坂を、誰が数えたのか、
九十九折りと呼ぶ。

清少納言も『枕草子』に「近くて遠きもの、鞍馬の九十九折り」と
書いているから、古くからの名前だ。

由岐神社の後ろには、義経の供養塔が立つ。牛若丸が阿闍梨覚日の弟子
として、遮那王を名乗り修行した東光坊があった場所だという。

本堂。阿吽の虎が背中を丸めて左右を固め、内部には等身大の毘沙門天
が吉祥天と善戝師童子(いずれも国宝)を従えて立つ。

寺伝によれば宝亀元年(770)に鑑真の弟子鑑禎がこの地に毘沙門天を
安置したのが鞍馬寺の起こり。

延暦15年(796)に伽藍が造営され、北方の王城鎮護の道場となった。
本殿前庭からは転法輪堂を眼下にして比叡の山並みまでが望まれ、気分がいい。

本堂の左にある光明心殿は護摩魔王尊を祭る場所。
柿色の衣を身にまとった天狗がカッと目を見開いている。

魔王尊は、今から650万年前に人類救済の使命を帯びて金星から降臨した
と伝えられる。

霊宝殿(鞍馬山博物館)にある天狗の“ひげ”や“卵”がおもしろい。
かといって根拠のない作り物ではなく、“ひげ”は樅の木に自生する
ウマノケダケ、“卵”は奥の院付近の凝灰岩だ。

霊宝殿には与謝野鉄幹・晶子夫妻の遺品が展示してあり、外には東京から
移築された与謝野晶子の書斎「冬柏亭」がある。

それと最後に、由岐神社での鞍馬の火祭が終わった後ごろから
鞍馬寺一体は紅葉が美しい。ぜひ火祭りと一緒に楽しみたいところですね。




舞台造に圧倒される由岐神社

鞍馬の九十九折りの手前にある由岐神社は、崖に張りついたような
舞台造と、その後ろに控える2本の巨大な杉に圧倒される構造だ。

もともとは鞍馬一帯の産土神であり、古くは靫(ゆき)明神と呼ばれ、
世が騒がしいときなどには靫(矢を入れて背負う器具)を社前に掲げて
平穏を祈願したという。

中央1間が通路になっている割拝殿(国重文)で、本殿はそれをくぐった
上にある。

殿が左右対称でないのは、この山の地形のなせる技だろう。
拝殿は1607年(慶長12)に豊臣秀頼によって再建されたもの。

本殿の石造狛犬(国重文)は少しずんぐりした鎌倉時代のものだ。

ケーブルで登ると、この由岐神社を見逃してしまう。

今宮神社のやすらい祭・太秦の牛祭とともに京都の三奇祭の一つに
数えられる「鞍馬の火祭」は、この由岐神社の例祭。

毎年10月22日の夜半に行われ、里人の持つたいまつで鞍馬全山が朝まで
赤く染まり、見物客たちを陶酔させている。

鞍馬寺周辺散策ガイド

木の根道ハイキング

叡電鞍馬駅-(5分)一由岐神社-15分)一鞍馬寺-(20分)
一奥の院・魔王殿-(30分)一貴船神社一(1分)-ご貴船

拝観の時間を含めて、所要約3~4時間。女性の一人歩きは危険なので、
グループで行動しよう。ご貴船~叡電貴船口駅のバスは冬期運休。
徒歩20分。

冬柏亭の奥に木の門があるが、ここから先は鬱蒼たる杉林の連続で、
約1時間歩けば貴船神社に抜けられます。

もう天狗の世界だ。

『義経記』に「夕日西に傾けば、物の怪をめき叫ぶ。されば参り寄る
人をも取り悩ます間、参龍する人もなかりけり」と記された、そういう
恐ろしげな山。

伝説上の牛若丸が女性的で華奢に作り上げられていようとも、女性は
絶対にひとり歩きしてはならない。

しかし、この天狗の領域にこそ、長年にわたって人びとが畏怖し信仰して
きた山に満ちる活力がある。

それを感じないで鞍馬駅に引き返すのは、もったいない。

義経の背比べ石から左に道をとれば木の根道だ。岩盤が固く地下に根を
張れないため、こういった奇観ができあがったようです。

鞍馬山の地質は古くは2億5000~6000年前のもので、赤道付近から移動
してきたプレート上の珊瑚礁などに堆積岩、マグマが重なって山の
大部分を輝緑凝灰岩にしている。

これらの岩が鉄分の酸化によって、緑色の“貴船よもぎ”や紫赤色の
“紫貴船石”となり、庭石として珍重されています。

足もとに気を配りながら木の根道を歩くと、壇ノ浦での8艘飛びなど
義経の超人的な技が、本当にここで体得されたのではないかとも思えてくるし、
また650万年前の魔王尊の伝説も、地球規模のパワーや宇宙の波動が
込められているのではないか、とも感じられる。

木の根道をなおも進めば大杉権現。あたり一帯が大杉苑瞑想道場であり、
風や鳥の音に混じって山の声が聞ける気がします。

不動堂、義経堂があるのが謡曲『鞍馬天狗』の舞台として知られる僧正ヶ谷。
僧としてのみ生き長らえることを許された遮那王に剣技を教えたのが天狗
であったか源氏の残党であったのかは想像するしかありません。

しかし、「牛若の木太刀のあとといふ岩もさて信ずればおもしろきかな」
(与謝野鉄幹)。

そういうことだ。

山内の各堂に張られた幕に記された天狗の団扇のようなマークは鞍馬寺の寺紋。
しかしこれは菊花を横から見たところをデザインしたものだという。

魔王殿のある奥の院が最終目的地。ここから貴船までは約20分。
長い下り坂なので膝にキツいが、やがて聞こえる貴船川の音が次第に大きくなり
視界が開けてくる。

西門を出れば、貴船の街並みが迎えてくれる。  




貴船神社

京都の水源と女の想い貴くして、船、山に登る

鞍馬寺の西門をくぐり抜けると、貴船川と鞍馬川の合流点にある
叡電貴船口駅からまっすぐ北に上がってきた道に出ます。

貴船川に沿って貴船神社を通り、やがて芹生峠を越えて丹波、若狭へと
通じてゆく道です。

道の両脇には、料理旅館が軒を連ねている。値が張るが、夏なら川の上
に床を張って涼を楽しむ川床料理が名物。

冬ならば猪肉を牡丹の花びらのように盛り付けたぼたん鍋。

湯豆腐もいいし、ほかの季節なら鮎料理もいける。谷間の先斗町と
いった趣です。

貴船神社は、石段を登った上にぽつんとあります。

創建の時期はあまりはっきりしていないが、現在の社殿は文久年間
(1861~64)のもの。昼間は緑色を基調とした風景のなかに紅色の
灯籠が映えるし、また夕刻にはその灯籠に明かりがともり、幻想的
な雰囲気を造り上げます。

拝殿にかけられている扁額は狩野探幽筆と伝わる三十六歌仙。社伝では、
神武天皇の母である玉依姫が、浪速から黄船に乗り、淀川から賀茂川、
鞍馬・貴船とさかのぼってきて、ここに上陸したといわれています。

たぶんこれは貴船が賀茂川の源流の一つであることから成立した、
平安遷都以降の伝説でしょう。

京都の水源の清浄を守る神として崇められ、同時に降雨と止雨を司る
神ともなった。現在でも農業、酒造、染色そして水商売……と水に関係
のある人びとの信仰を集めています。

おもしろいのは、こういった平安京の国家神道レベルの崇拝が、
民間信仰の場まで降りてくると、とたんに男女の仲を左右する神と
なることです。

縁結びにも縁切りにも効力を発揮する。和泉式部は夫の愛を取り戻す
ためにここに参り、逆に宇治の橋姫は丑の刻参りをして妬ましい男女を
睨ったといわれています。

川沿いをさらに上ると料理旅館が途切れるあたりに貴船神社中宮があり、
砂利道の参道を進むと奥宮があります。

平安のころまではこちらのほうが本宮だったらしい。本殿の傍らには
玉依姫が乗ってきた黄船を、人目につかないように石で囲んだと伝える
船形石があり、漁業関係者や航海安全の信仰があります。

和泉式部と蛍の描かれた絵馬があり、
「○○くんが私のことを好きになりますように」
「絶対きれいになってやる」

など、女性の筆跡がつづられています。

毘沙門天や天狗が象徴する男性的な鞍馬に対し、どこか蛍のように雅びで、
たおやかで、そして切実でけなげな風景が貴船にはある。

車での旅でないのなら、ここで引き返しだ。貴船川沿いの料理旅館はちょっ
と高めだが、弁当式の昼御飯も出している。

岩風呂に入れて、貴船口の駅まで車で送ってくれたり、と親切な宿もあり、
利用してみれば風情は味わえるだろう。
         
貴船口の駅へと川を下る途中には、

「物思へば沢の蛍も我が身より憧れ出づる魂かとぞみる」

という和泉式部の歌にちなんだ蛍石があり、貴船口駅の南の梶取橋付近には、
宇治の橋姫が丑の刻参りの際にかぶった輪を置いた石と伝わる靦輪掛石など、
奇岩が多い。

貴船の地名語源は、樹木の生い茂る「木生根」「木生嶺」に求める説が、
玉依姫のイエローサブマリン説よりも有力です。

貴船神社も最初は山林を守護する神であり平安京ができたために水の神へと
変質したという。

それにしても、こんな山の上に船をさかのぼらせてしまうほど古代祭祀は
力を持っていたのか?




寄り道

鞍馬・貴船方面から市街地に帰る途中に、市原野と呼ばれる集落がある。
鬼童丸という盗賊が牛の皮をかぶり、大江山の酒呑童子を退治した
源頼光を待ち伏せしたという物騒な伝説もある場所だ。

「あるいは、このへんが盗賊待ち伏せの場所では?」と思えるような峠があり、
名を篠坂峠。補陀洛寺はこの篠坂の東、鞍馬街道を見下ろす高台にあります。

市原野は、小野小町と深草少将の亡霊が僧侶に百夜通いの物語りをする謡曲
『通小町』の舞台であり、また古くから小野氏の領地でした。

それだからか、の本堂内右に置かれた奪衣婆
(三途の川で亡者の服を剥ぎ取る鬼婆)像は小野小町老衰像といわれ、
補陀洛寺も小町寺といったほうが通りがいい。

現在では篠坂峠を通る交通量も多く、市原野は追い剥ぎとも亡霊とも無縁の
宅地なのだが、境内には小野小町塔や深草少将塔、小野小町姿見の井戸なども
存在し、また高台にあるため、少しだけ現世から浮かんだような気分にな。

[いろみえでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける]
という小町の恋歌も、どんどん伝説を作る後世の人間に対して、彼女が
「もう勝手にしてよ」と言っているようにも思えてくるのでした。