平安時代の三大勅祭に数えられる放生会の大祭

岩清水祭大略

八幡市の石清水八幡宮は、貞観元年(859年)、豊前国(大分県)
宇佐八幡宮を勧請して創建されたと伝えられる古社である。

その例祭は、石清水放生会とも称され、上賀茂社・下鴨社の賀茂祭(葵祭)
、奈良・春日社の春日祭とともに二大勅祭の一つに数えられる大祭であり、
ながく皇室の崇敬を受けてきた。

京都では、賀茂祭の北祭に対し、南祭とも呼ばれた。石清水八幡宮の
例祭は、貞観年間(859-77)宇佐八幡宮の放生会にならい、同社で
国家安泰を祈り、生き物の霊を慰める祭りとして催したのに始まると
伝えられる。

放生会は、もとは仏教の殺生戒に基づいて、魚鳥などの生き物を池や
川、山野に放って供養し、五穀豊穣を祈願する儀式であった。

応仁の乱(467-77)で一時中絶したが、江戸時代の延宝七(1679)に
再興をみている。

明治時代には中秋祭と称され、ついで男山祭、そして現在の石清水祭と、
名称は変遷してきた。
     
さて、石清水祭の神事は、九月十五日未明から夕刻にかけて執行される。
午前二時ごろ三基の鳳輦を男山山頂の本殿に進めて、神職が八幡三神の
神霊を、これに移す。

午前三時ごろ、神幸の儀が始まり、平安時代の古式装束をつけて、多数
の神具を捧げ持った神職らが、松明のあかりのもと、鳳輦に供奉して
南門から下山する。
           

午前五時半、三基の鳳輦が頓宮に着くと、勅使を迎えて、奉幣の儀がある。
鳳輦がとどまる頓宮殿の前には、十二ヵ月を彩る花鳥を和紙で精巧に
作ったものが、供花神饌として献饌される。
 
そして、夜が明けた午前八時ごろ、放生池に設けた舞台で「胡蝶」の舞が
奉納され、鯉や鮒、小鳥などを放つ放生会が行われる。

夕刻の午後五時には、還幸の儀があり、三基の鳳輦は山上の本殿に還幸する。

石清水八幡宮の見どころ

本殿

現在の建物は徳川家光によって1634年に建立されました。
「石清水八幡宮本社」10棟が今年の2月に正式に国宝に指定されました。

エジソン記念碑

「えっ、なんでエジソンが出てくるの?場違いじゃないかな。ここは京都だよ!」
なんて思いました。

でも詳しく調べるとなんとなんと関係がるんですね。あのトーナス、じゃなかった
トーマス・エジソンと!驚き桃の木ですよ。
白熱電球のフィラメントには最初、男山の竹が使用されたんです。

WIKIにもありました。

エジソンはフィラメントに竹を使った功績だけを主張。
竹は後にタングステンに取って代わられる。

ナーンテね。それで境内にはエジソンの記念碑が立って、誕生日と命日には
エジソンをしのぶ行事もとり行われています。

ここで終わりにしようかと思いましたが、なぜエジソンが京都八幡の竹を使ったのか
知りたくなり調べました。

あれこれの素材を使っての電球のフィラメントの改良を模索中のエジソンが
ある時日本からの土産物として研究所に置いてあったセンスに注目しました。
その扇子の骨を使ってフィラメントにすると電球の時間が飛躍的に伸びました。

そこでエジソンは「究極の竹」を求めて世界中に研究員を送り込み調査
させました。その一人、探検家ウィリアム・H・ムーアが中国経由で日本へと
やってきました。
京都を訪問した時に当時の槇村京都府知事からここ八幡の「八幡竹」を
紹介され、ほかの竹と一緒にここの「八幡竹」をトーマス・エジソンに送りました。

エジソンは実験を繰り返し最終的に選ばれたのがこの「八幡竹」でした。
なんと1000時間以上も輝き続けたそうです。

セルローズによるフィラメントが発明されるまで十数年この竹のフィラメントが
使用されアメリカの家庭や職場、工場、街頭を照らし続けていたんです。

どうですかなかなか感動的な話ですね。
私もこの記事を書かなければ知らない出来事でした。

これもなにかの縁ですよね!




詳細データ・日程

日程: 2016年9月15日(土)

2:00    神幸の儀
3:00    鳳輦発御(ごほうれんはつぎょ)
3:40   絹屋殿著御の儀(きぬやでんちゃくぎょのぎ)
4:15   頓宮神幸の儀(とんぐうしんこうのぎ)
5:30   奉幣の儀(ほうべいのぎ)
8:00   放生(ほうじょう)行事
10:00   舞楽奉納
13:00   演武奉納
16:30   高良社に夕御饌(ゆうみけ)奉献
17:00  還幸の儀(かんこうのぎ)
18:30  御鳳輦発御(ごほうれんはつぎょ)
20:00  御鳳輦御本殿に著御(ちゃくぎょ)

会場: 石清水八幡宮

住所:京都府八幡市八幡高坊30
TEL:075-981-3001
(石清水八幡宮)

公共交通:  京阪八幡市駅→徒歩30分(山麓の頓宮までは徒歩約3分) 経路検索

車:      高速大山崎ICから国道478号経由2km15分
駐車場:   なし
        祭典中は使用不可、近隣に有料駐車場あり
料金:    無料(屯宮門外)、奉幣の儀はお供え5000円(お弁当、記念品付き)

ホテル予約情報

石清水八幡宮への行き方は、京阪本線八幡市駅で降りて、
男山ケーブル(片道200円)を使用いて、男山山上駅で降りると良いでしょう。

八幡市近郊はホテルが無いので、近場の京阪本線の沿線のホテルを
探すのがお勧めです。

ひらかたサンプラザホテル
ホテル グランブルー
アーバンイン伏見

桃山温泉 月見館
旅館 寿々喜荘
パルセスイン京都

アーバンホテル京都
ビジネスホテル宇治
宇治第一ホテル